投資信託の話

貯蓄から投資の時代へ!と最近言われてきてNISAが始まったりネット銀行やネット証券でも投資信託を販売しています。本日は投資信託についてまとめてみました。

株と投資信託の違い

投資と聞くと株をイメージする方は日本では多いのではないでしょうか?

日経新聞でも今日の株価なんてのってますしね!

株式投資というのは自分で銘柄という投資したい会社に出資をして、その会社が業績が上がれば配当が出たりみんなが買って人気になれば価格が上がっていく仕組みです。株式投資の大きな特徴は自分で投資する先の銘柄を選んだり、売買のタイミングは自分で選ばらなければならないのが大きな特徴です。

投資信託は個々の投資家(投資信託を購入された人)から集めたお金をプロが運用する金融商品のことです。日本国内でも債権型や株式型、不動産型。すべてミックスさせたもの。さらには国内のものと海外のものといった様々な投資先をプロにまかせて投資で増やした分・稼いだ分の利益を分配して行くというものです。

銀行や証券会社がいろいろ扱っていてよくわからない。と思われる方もいるかもしれません。日本では現在5,000もの投資信託の商品があるという事です。

投資信託を選ぶポイント

それでは数ある投信信託から一体どれを選べばよいのでしょうか?参考までに2つのポイントをお伝えします!

長期の期間でしっかりプラスになっているか?

投資というと「お金がある人がやるものでしょ?」と思う方が多いですが、それも株のイメージが強いからかもしれません。通常一つの会社の株を買うのに100株買わなくてはなりません。つまり1株5,000円のものでも50万円のお金が必要です。

しかし、投資信託は毎月の掛け金が1,000円から始められます。楽天証券では100円から始められるサービスも最近出たそうです。

ここで考えるのはギャンブルでも大きなお金をかけたら「この勝負絶対勝つ!」なんて燃えて負けたらかなりショックを受けますが、少額をコツコツかけていても将来は絶対に増えている統計が出ていれば時間はかかれど出せる範囲で無理なくやれますよね?

「今、勢いがある」という投資信託よりも「長期で見てプラスになっている」投資信託をえらびましょう!

手数料がなるべく安いか?

金融商品購入には手数料というものが発生します。一般的には購入手数料売却手数料。そして信託管理手数料という買う時と解約するときと、その投資信託を持っているだけでもかかる手数料があります。

いくら運用がよくてプラスになっていても手数料でなくなってしたら元も子もありません。商品のリスクに対しての許容できるというのも大切ですが、かかる手数料も会社や商品によってまちまちなのでそのあたりも注目して買ってみましょう!

投資信託についてのまとめ

投資信託についての基礎知識をお伝えしました。これから投資信託を始めようと考えている方にとって少しでも参考になれば幸いです。Beautiful Daysでは初心者からでも気軽に参加できるセミナーを開催しています。私産運用について体系的に学びたい方は是非ご参加ください!